テラスハウス

ブログ
どうも中村です。

前回の続き。

ある日突然、女の子の友達が電話してきた。
軽井沢でテラスハウスが始まると。その情報と共に「出なよ!」と言ってきた。僕は返す刀「んなアホな」と答えたんだけど。番組スタッフが地元で誰か居ないかと探してるらしいと。

番組自体は知っていたけど、観た事は無かった。
その類の番組はむしろ鼻で笑っていた側だったかも。


テラスハウスねぇ。。。

なるほどねぇ。。。

 

 


そんな事も忘れかけた頃、所属しているムラサキスポーツから電話が来て。

「テラスハウスからオファーがきてるよ」と。
軽井沢近辺にスノーボーダーがいると言う情報が番組スタッフに伝わり
そいつはムラサキスポーツの所属だと言う事でムラサキに連絡がいったのだろう。

正直この時は少し嬉しかったのかもしれない。

 

とりあえず話だけでも聞きに行こうと都内へ行く事になった。

ムラサキスポーツのライダー担当の人は過去に出演したサーファーとも繋がっていて、その人達の飛躍っぷりを話してくれた。

僕自身もその当時、アパレルをやっていたのでアパレルのいい宣伝になるのかなぁと、漠然と思った。それと、出ないで「出てたらどうだったんだろう」と出て「出なきゃよかった」はどちらのほうが後悔するだろうと自問自答してみた。


東京に着いてムラサキの人と合流してテラスハウスの制作会社へ向かう。

そのビルの待合のソファーに若い男女が5〜6人いて僕が遅れて着いたようで、すぐに小さな部屋に通された。

これがメンバー?と思ったが、面接だとわかった。
志望動機が宇宙に行きたいって男の子の事を未だに覚えている。

 

面接が終わる頃にはなんだか出てみたい気持ちになっていた。
後日、番組から連絡が来て出演が決まった。

僕はこのチャンスを恩返しにしたいと思った。きっとスノーボードをしてなかったらこんな話は無かったと思うし、ムラサキスポーツをはじめ各メーカーをアピールする事が僕の役目だと感じた。

はい。だいぶかっこつけましたね。

ヨコシマな気持ちも絶対あった。それはあった。


僕のブランド、BREW(ブリュー)のアピールにも十分すぎる宣伝効果があった。
これは予想以上だった。

次はBREWについて話したいと思う。


続く。

関連記事

brewclothes|全てはビールのために

brewclothes|ビールを愛する者のためのアパレルブランド

ビール好きの酒好きのアパレルブランドとしてスノーボードやストリートで使えるアイテムを展開。
乾杯する事で仲間を増やしPEACEになろう。
人生を楽しむための一つのアイテム。
BREW CLOTHES. produced by Nakamura Takayuki (pro snowboarder)

屋号 brewclothes
住所 〒385-0053 長野県佐久市野沢77-1
営業時間 10:00~20:00
代表者名 中村 貴之
E-mail info@brewclothes.net