シルクスクリーン

どうも中村です。

 

BREWはスノーボードのアパレルとして発足したのだが、Tシャツ系もやろうと思いついた。

シルクスクリーン

 

Tシャツを作るとなるとまず考えつくのは業者委託だ。

ネットで「Tシャツオリジナル 作成」と調べるとアホほど出でくる。

 

そこで作ってもらう事も考えたのだが、どうにか自分で刷れないものかと。

 

版さえ作ってしまえばプリントカラーのバリエーションやアレンジもできるし、

自分で刷れば在庫を抱える事も少ない。

なによりコストが安くなるんじゃないか?

 

 

新潟のスノーボードの先輩で自分でプリントしてる人を知っていて

その人にいろいろと見せてもらって教えてもらった。

 

いやはや、なかなかハードルが高そうだった。

 

 

まず、シルクスクリーンを知らない方はこちらを。

https://surimacca.com/somosomosilk.html

 

Tシャツくんというシルクスクリーンのセットもある。これなら手取り早くできそうだ。

楽天市場 Tシャツくん ゆめ画材ご奉仕特価商品。オリジナルTシャツを楽しくつくろう。
¥31,350

しかし。当時の僕は冬に貯めたお金をほとんど使い切る生活をしてきたので、夏前のこの時期は全くお金が無いのだ。

 

Tシャツくんキッドを買うのは諦める事にして。

 

どうやって版を作るか。

 

まず露光機を作る事から進める事にした。

 

露光機に使うライトはケミカルランプと言われる蛍光灯とそのソケット。

それを入れる箱は木材を使ってDIY。

 

箱の蓋にアクリル板をはめた。

アクリル板だけはサイズを指定して注文した。

出来上がったのはこちら。

 

素人でもなんとかできた。

次はメッシュだが、ここでTシャツに頼る。

 

Tシャツくんのメッシュはすでに感光剤が塗られた状態で売られているのだ。

 

普通、枠にビンビンに貼ったメッシュに感光剤を塗るのだが、それにどうも自信がなかった。

 

こんな事してる奴はいないと思うのだが、Tシャツくんのメッシュを自作の露光器で焼いて、それを枠に貼るという方法でやる事にした。

 

結果それでも問題なく(?)プリントする事はできた。

 

しかし、失敗の繰り返しだった。

 

まず、露光機で露光する時間が分からなかった。

今ではもうわかる。

 

2分20秒だ(これは露光機によってさまざま)

 

それがわかるまではメッシュを何枚もダメにしたし、デザインの細かさでも何度も失敗した。

細かい部分は露光が難しいのだ。

 

それから露光したメッシュを枠に貼るのだが、ビンビンに枠に貼る事ができない。

 

それでもなんとか人様にお売りできるギリギリの代物にはなった。

 

今は版だけは業者にお願いしている。

 

それが一番。

 

プロはすごい。

 

版がしっかりしていればプリントはさほど難しくはないと僕(素人は)思う。

 

もし、シルクスクリーンに興味がある人がいたら版は委託しよう。

 

1週間もあれば手元に届くし、手鼻をくじかれる事も無い。

 

僕はよく、「ブランドを始めたいと思ってます。何から始めたらいいか教えてください」という質問をうける。

 

どこまでの規模で始めたいのか分からないけど、

 

ブランド名とロゴを作ったらTシャツやパーカーを無地のボディーにプリントしてさらにネームタグを縫い付ければオリジナルブランドの出来上がり。

 

まずはそこから始めてみてもいいと思う。

 

中村貴之
1986年5月25日生まれ長野県佐久市出身。ムラサキスポーツプロ契約のスノーボーダーとして活動中。28才でアパレルブランド「BREWclothes(ブリュークローズ)」を立ち上げる。フジテレビの恋愛バラエティ番組「テラスハウス軽井沢編」に出演。

 

関連記事

brewclothes|全てはビールのために

brewclothes|ビールを愛する者のためのアパレルブランド

ビール好きの酒好きのアパレルブランドとしてスノーボードやストリートで使えるアイテムを展開。
乾杯する事で仲間を増やしPEACEになろう。
人生を楽しむための一つのアイテム。
BREW CLOTHES. produced by Nakamura Takayuki (pro snowboarder)

屋号 brewclothes
住所 〒385-0053 長野県佐久市野沢77-1
営業時間 10:00~20:00
代表者名 中村 貴之
E-mail info@brewclothes.net